旬の食べ物を食べるメリットとは?

よく旬の食べ物を食べなさいと、よく聞くと思いますが
それは何故でしょうか?

旬の食べ物の特徴とは

まず、生命力が強く栄養価が高いです。
例えば、キャベツのベータカロテンやビタミンCは、旬の時期の方が多く含まれています。
これらの栄養素は、細胞の老化などを防ぐ「抗酸化作用」が高いです。

味も濃くて美味しい食べ物が多いです。
旬の食材は、そうでない時と比べて香りや旨味が豊富なので味が濃く感じられるのです。
その為、少ない調味料でも美味しく味わうことができます。

春夏秋冬それぞれ旬の食材とは

・春の食材
菜の花、イチゴ、あさり、たけのこ、春キャベツ

・夏の食材
きゅうり、トマト、アジ、スイカ

・秋の食材
サツマイモ、カキ、さんま、栗

・冬の食材
白菜、みかん、ブリ、大根

これらを参考に、料理に旬の食材を取り入れていきましょう!

旬を知ることは健康管理にも役立つ

日本人は特に野菜不足の人が多い傾向にあります。

また旬の食材を知り、味わうことは食育の意味でもとても大切です。
食べることの大切さを知るきっかけにもなります。

色々な食材がスーパーで手に入れやすくなってきた時代だからこそ
改めて旬の食材を積極的取り入れていきしょう。

免疫力も維持でき、コロナ対策にも繋がる可能性もございます。

暗いニュースが多いですが、美味しい食事で自分自身の身を守りましょう!

関連記事

PAGE TOP